地域音楽コーディネーター武安英幸のブログ(旧)

地域音楽コーディネーター武安英幸のブログです。 今話題の音楽のニュースや情報を変な目線から切り込んだ記事のほか、個人的な活動の記録や日々の生活のことなんかを、こうボチボチと書いております。

2019年09月

「ホームページをね、もう少しシンプルにできんものか?」とずっと考えていたので、この間からボチボチやっておりました。

というのも、ちょいと、ホームページを営業の一環で人に見せるかもしれない用ができたのです。

具体的には量を減らして、管理しやすいようにしようと思いましてね。

そのお手製のHPがこちら→https://mosowork.web.fc2.com

全然、機能していない所をズバッと削ったり、機能しているところに力を入れたり。

それに、ブログも引っ越ししましたし、ちょうど改変するいいタイミングになりました。

と、カチカチやっていて一言。

「あーーーーーっ!!」

ゴキブリが出てきたわけではありません。w

何事かと言うとですね。

1年ぶりの誤植を発見しましてね。

というのも、オカリナワークショップのチラシというか、過去4回のチラシ全部そうなんですけど・・・

変なところがあります。さてどこでしょう?

深井・オカリナワークショップ2019一部

正解なんですけど、写真中央。

水色のオカリナは問題ないんですが、その上の小さいオカリナ。

実のところ、こんなオカリナはたぶん存在しません。

ちらしのデザイン的に安易に反転させたものの、こんな形状のオカリナはないんです。

だって反転してるんだもの、本来こっちは裏側ですもの。

が、万が一!

もしかしたら左手用にあるんじゃないか?と探したものの・・・

・・・。

ないっ!www

ないものはないっ!

ええ、もう齧ってた煎餅は落ちるわ、変な汗出てくるわ、恥ずかしくて顔赤いわで大変でした。

まぁ、でもここでわかってよかったです。

3年後とか5年後に気づいてたら、ダメージも3倍、5倍。

とにもかくにも新デザインを考えなければならなくなりました。

気に入ってたんだけどなー。

むしろこのまま、突っ込まれるまでおいておいてもいいんじゃない?

とか思ったりもしたのですが・・・

ダメなもんはダメですね、ハイ、新しくつくり直します。

1年の恥はこのブログに埋めていくことにします。

埋め埋め・・・(。・ω・)ノ恥))_ポンポン

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪


最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

私の好きなデザイナーさんにね、藤本宇央さんって方がいるんですけどね。

どんな人かというと、ざっくりと大阪にあるjazzのフリーペーパーのイラストとかを手掛けてる方なんです。

ジャズのフリーペーパー

ええ、私もじみーに集めています。

難波とか、後は梅田は堂山のアクト3とかに置いてますね。

この方なんですけど、フリーペーパー意外にも、CDのジャケ写のデザインもやっておりましてね。

ええ、もう本当、オシャレでね。

私もCD欲しーなー、なんてジャケ買いを企てておりました。

そんな時、某CDショップで売っていたのがこちら。

ferit odman

fフェリト・オドマンの「Dameronia With Strings」というCD。

フェリト・オドマンさん・・・

って誰?

ってなもんですけど、楽器はどうやらドラムらしい。

ええ、ジャケ写で買ったから、中身のことは何にも知りません。w

ジャケ写もおしゃれですが、この分厚い紙ジャケ感もいいですね。

そしてそして、特徴としてはXRCD仕様ということ。

まぁ、普通のCDより音がいいらしいこのXRCD。

「どんなもんかいな?」とワクワクしながらプレイヤーにイン。

確かに、何か違う気がする!

なんて言うんでしょうね。厚みというか、聴いていて疲れないというか・・・

サックスがよりサックスらしいというか・・・音色がはっきりしているというか・・・

何と言えばいいのかわかりませんが、音がいいと言われればまさに音がいい。

まぁ、環境が15年もののオンボロプレーヤーと3000円の簡易スピーカーだから説得力はないんですけどね。

楽曲の特徴で言えば、やっぱりタイトルにもあるようにストリングスに注目ですかね。

楽曲はいたってシンプルで、そんなめちゃくちゃ速い曲があるわけでもなく、間延びするような曲もなく、ムードっぽい仕上がりになっているように感じられます。

ただそんな中に、ストリングスが入ってくることで、より大人っぽい雰囲気に仕上がっているように感じられます。

それに「Just Plain Talkin'」ではサックス、ストリングス、ピアノ、ベースとそれぞれ聴きどころがあり楽しませてくれます。

https://youtu.be/ZyZdmVtGXa0

中でも、ピアノとベースのくだりが個人的に好き♪

ラストナンバーの「Soultrane」もストリングが冒頭でいい味を出してますし、LIVEのラスト感がすごいあってステキです。

https://youtu.be/6v-eBqVMWFk

 

全体的に聴いてみると、なんだかビルボードライブに来たみたいな感じですね。

行ったことあります?あそこのコーヒー、ストレートで飲んでも味とコクがあって美味しいですよ♪(たぶん注目するとこ間違えてますね。

しっかし、こう楽器に注目してると、やっぱり音がいいように感じます。

この後に、普通のコルトレーンの普通のCDとか聴いたら、間延び感がすごいあるように感じます。(※あくまで個人の意見です。)

と、こう藤本宇央さんから始まりjazzのレビューをしてきたわけですが、
ぶっちゃけたところjazzのCDとかって何がいいのかわかりませんよね?

定番の商品は色々あるけど、ではこの中でどれが自分に合うんだろう?と考えだすと、もうキリがないように思います。

私はそんな時、ジャケ写から選んだらいいと思うし、それが出会いだったりするんだろうなと思うのです。

みなさん、芸術の秋、レコード店に行って自分好みのジャケ写のjazz、買って聴いてみてはいかがでしょうか?

音楽とのいい出会いがあるかもしれませんよ?♪

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪


最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

この間ね、オカリナの練習をするのに、ワケあってスタジオを借りたんですよ。

そして、その場所というのが、大阪は心斎橋、アメリカ村にある「ベース・オン・トップ」♪

大阪にも、他に天王寺とかにもあるスタジオ貸しのお店です。

なんば店の方にもお店があって、本当はそっちがよかったんですけど全室とも埋まっておりましてね。

しょうがないから・・・っていったら失礼だけど、アメリカ村店で予約することになりました。

そうそう、それにここのスタジオ安いんですよ。

ただ、安くすませようと思ったら前日7時からじゃないと予約できないんですけどね。

お値段なんと、540円!(※10月からは550円!)

詳しくいうと、前日の朝7時以降になるけど、もし部屋が空いていた場合、個人の練習だと500円+税金で1時間貸してもらえるのです。

で、今日、仕事帰りに行ってきたわけです。

アメリカ村ですよー!みなさん!

ええ、もう縁もゆかりもございません!(ないんかいw

用がないと言えばそれまでなんですけど・・・まぁ、用がないんです、ハイ。

でも、こう普段立ち寄らないとこにくるとウキウキしますね。

若者に混じって、なんだか若返った気分です。

町のネオンがオシャレです。

きっと地方から出てきて、初めて原宿とかそういうとこに来た女子高生の気分ってこんな感じなんでしょうね。

なんだかんだで、スタジオへは無事、定時少し前に着くことができました。

ベースオントップ入り口

店の人も親切な対応で、好印象♪

中も素敵なんですよ!

ベースオントップのスタジオ

(※写真は許可を頂いております。)

どうですか?ワクワクしませんか?

もうね、一人で使うにはもったいなさすぎる。

実はいうと、この間、演奏を披露する機会がありましてね。

その練習で借りていたんです。

やっぱり、どんだけ音を出してもいい環境にくると、出てくる音も違いますね。

家だと、どこか周りを気にして変な音になるけど、制限がないと本当、綺麗な音が出てる気がします。

あっというまの1時間、いい練習になりました。

そうそう、スタジオを借りにくる子もみんな若者だったなー。

バンドとか、レコーディングとかそういうので来ている子ばかり。

おじさん、一人でオカリナ吹いてたけど、こういう青春っぽいのも・・・いいな・・・としみじみ思いました。

ただ、人それぞれですからね。

私は、やるならバンドより、シンガーソングライターよりかな。

また、今度、借りに行こうと思います♪

なんだか、気持ちに若返った。そんな夜でした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪


最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

この間、りんくうタウン、関西空港にね。


用はなかったんですけど、何となく行っていました。


動物の帰巣本能ってやつです。

情緒がおかしくなるとふらり行きたくなるパワースポット、それがりんくう、関空。(って怒られるわ。w)

そんな中、りんくう駅前の案内所の前を歩いていましたら、何やらおもしろいものを見つけましてね。


「さのぽ」、という・・・いわゆるポイントカードですね。


さのぽ

私は生まれも育ちも泉佐野の人間。


何かとお騒がせな泉佐野ですが、やはり一番安心するし、陰ながら千代松さん(市長)も応援しております。

コミュニティーバスはタダだし(しかも結構広範囲なんですよ)、図書館の蔵書も豊富だし、夏は花火大会やってるし、地場産業のタオルもこのご時世にもかかわらず未だ守ってくれております。

ええ、町でっしゃろ?

そんな故郷を愛する私としては、この「さのぽ」に愛着が湧きましてね。

なんだか欲しくなっちゃってつくりました。


ちなみに、このカードをポイントスポットに「ピッ!」ってやると、1ポイント1円がもらえます。


何かのついでに立ち寄って、「ピッ!」、「ピッ!」とやっていたら、そのうち100円くらいにはなるんじゃないでしょうか。


たった100円かもしれないけど、私的にはあまり苦にならなかったりします。

でも、こういうのって100円たまったらたまったで、使いたくなくなるのなんでなんでしょうね。w

「せっかく貯めたんだし、使うのもったいない」精神といいましょうか。(わかりますかね?w)

あとこのカード、デザインが素敵。

飛行機にタオル、空港に泉州の水ナス、緩くないゆるキャラのイヌナキンに地酒、などなど。

かわいい中に、おしゃれな古風さみたいなものが感じられるいいデザインだと思います。

それに加盟店も割といっぱいありますよ。

パっと見て、飲食店が多めの印象です。


そうそう、居酒屋天国さんとかね。


昔、りんくうに住んでた時は行ってましたねー。何食べたか忘れたけど、美味しかったのは覚えてます。(どやさw)


後、本屋さんとかレコード店とかももありますよ。


私世代はショッパーズモールですが、現・いこらモールの100均や本屋さんでも貯まるみたいです。

私は、もう泉佐野の人間ではないからポイントの利点はいかせないけれど、市民の方は持っていても損はないと思います。

地域音楽コーディネータの私としては、いつか泉佐野でも音楽のワークショップやれたらいいな、とそう思います。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪


最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

昨日ね、夜な夜な名刺をつくっておりました。

1年ほど、ワークショップを計画してやってきたわけですが、次の一年でさらなる飛躍をしたいなと感じましてね。

対外的に営業に努めようと思い、今更ながら名刺を作っていたわけでございます。(本当、今更ですよね。

本音を言うと、名刺ってあまり好きじゃないんです。

昔、名刺を交換するような、そんな仕事をしてことがありましてね。

ええ、あまりいい思い出ではありません。(なのでスーツもできれば着たくなかったりします。テヘ

でも、いく先々で、ないと困るな―とここ数ヶ月の間に痛感してやっとこさ作ろうと決心。

色々と考えましたが、やっぱりシンプルがベターかな。

デザインはすぐに決まったわけですが、ここで問題が。

というのも、はじめはイラストレーターで作ろうと思ってたんですよね。

でも、100均でちょうどいい切れ目の入った用紙がありましてね。

この用紙がワード仕様だったので、ワードで制作することに。

ホームページと同じ雰囲気でデザインしました。

名刺

隠してるところは電話番号とメールアドレスです。

なぜでしょうね?w

ホームページとかにはバッチリのってあるので隠したってしょうがないんですが、どこか気恥ずかしい。

裏面はプロフィールとか経歴とかを記載しております。

デザインの方ですが、やっぱりシンプルが一番ですね。

当初は写真とかイラストとか載せるつもりでしたが、なんだか散らかってる印象があったので、こんな感じになりました。

とりあえずOKです。

この名刺を受け取る一番初めの人はどんな人だろう。

そんな妄想をしております。

2019年も残りわずか、来年はこの名刺でもってさらなる飛躍の年にしたいと思います。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪


最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ