地域音楽コーディネーター武安英幸のブログ(旧)

地域音楽コーディネーター武安英幸のブログです。 今話題の音楽のニュースや情報を変な目線から切り込んだ記事のほか、個人的な活動の記録や日々の生活のことなんかを、こうボチボチと書いております。

2020年06月

我が(?)音楽文化創造でも、音楽のリモートについて話がのっかっていましてね。

割とのらりくらりと音文創のページを覗いてるつもりなんですが、いつのまに更新されたんだろうか。





話によると、ピアノとお箏でリモート演奏をしたんだそうな。

楽曲は、『城勉のテーマ』という曲らしく、はじめて聴きましたが、見た目とおり心の琴音に響くいい演奏ですね。

お琴ってこんな繊細な音だったんだなと、再確認させられました。

でね、ご丁寧にやり方まで載せてくださいましてね。

見ていくと、なんとこの演奏、ピアノの伴奏が先なんですって!

っていうか、よくよく考えたら伴奏パート先に作っちゃう方がやりやすいですよね。

曲つくるときもそうですわw(基本の基本を忘れる私っていったい・・・)

で、その撮った動画の伴奏をもとに箏の方が演奏して完成させます。

「曲の演奏位置を合わせて完成」と書いてありますが・・・

ただ、たぶんそこまでシンプルじゃないと思うんですよね。

動画をミックスさせるにあたり、音量調整などをする必要がありますからね。

そのあたりは多分動画編集ソフトでペペッとやったのでしょう。(実際にiMovieの名前が挙がっておりますが。)

Adobeのね、Premiere Elementsという安い動画編集ソフトがあるんですけど(私の愛用ですw)が、そんなのにも動画と音量を分ける機能がついてありましてね。

簡単に音量調整等、することが可能なんですねー。

ただ、記事にもあるように、この「合わせる」という作業が恐らく大変。

私なんか、自己主張激しい人だから(それはブログ見てもわかるとおりw)アンサンブルとなるとめっぽう合わない人なんですけどね。

一緒にやるのにも難しいのに、できたものに合わせるとなると、それはそれで難しいですよやっぱり。

変に間(ま)をとられて、リズムを狂わすようなことがあれば、こちらもそれに合わせて狂わせないといけないわけでしょ?

いやー、むずかしいですよ。

記事にも「ニュアンスやテンポなどには、普段以上に気をつけて」とありますが、ことの難しさを表しております。

ただね、私の場合、自分で作ったDTMの伴奏でなら合わせられるんですよ。

ただ、その代わりあまり余計な間とかは入れてないんですね。

だから、特に伴奏部やバンドならリズムパートですね、それらがメトロノーム通りのリズムを刻むと、後は演奏者同士で何とでもなるような気も致します。

そんなこんなで!

人と会えない、今だからこそ、こういうところで音楽のよさを発信出来たらステキではなかろうか!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

音楽で言えば、今や文化会館のホール事業も火の車。

そりゃそうですよね、3蜜NG、飛沫NG、クラスター回避でそう易々と何かできるわけもなく、貸してくれるかすら怪しい。

どんな中、兵庫県のある太子町立文化会館、通称「あすかホール」で面白い試みを展開していたのでご紹介します。

なんでも・・・

50分3000円で大ホールを貸してくれるんだそうな!



兵庫なのに「あすか」ホールなんですね。

どっちかっていったら奈良っぽい感じの名前ですが(飛鳥)、まぁそれはさておき。

ビックリ仰天なこの施策。

しかも、ピアノも使えるという(しかも2台)太っ腹ぶり!

こんなん絶対、借りるやんw

私でもそう思います。(行こうと思うと遠いから借りないけれど・・・

でも、みなさんどうです?

大ホールでピアノ借りて・・・

何弾くよw

さすがに借りるからには、それなりにブラボー!な曲(ってどんな曲)を弾きたいですやん?

私の場合、一人で借りても、やることな・・・くはないけれど、意味があまりないんですよね。

せいぜい、大声で歌いたいぐらい・・・(ってたぶん歌うのはNGなんでしょうね。)

ただね、見るところによると、弦楽器や打楽器は持ち込んでもいいんですって。

となるとバンドの練習とかにも使えますね!

貧乏バンドマンたちは、こういうところで一度やってみるのもありなのではないでしょうか。(私が貧乏バンドマンなら絶対やる。)

ただ、この記事にもあるように、なんでもOKというわけではありません。

原則、無観客です。

当り前ですが、興行的なものはできませんね。

実際に貸館予約が殺到しているらしいですが、興行で50分3000円なんて破格もいいとこですよ。

ただ親族は、感染予防をした上で入っていいんだそうな。

ピアノの発表会とかにつかうとなるとどうなんでしょうかね。

個人的には、この施策が善意的な事業と見て取れるので、そういうのはOKかと思うのですが、興味ある方はお問い合わせください。

でも、こういうふうにホールを広く開くっていいですよね。

「文化・芸術を育てる」という役割をしっかり果たしている、いいホールだと思います。

それにどうせ借り手がつかないんだったら、ホール側もwin-winですし、いい試みだと思います。

こういう流れが、もっと広く他府県にも広まればいいんでしょうね。

ええ、私が借りたいからです。

ただ、問題なのは、歌う、吹いて演奏する系の楽器。

あすかホールに関する、太子町の見解を見てみても、現状、それらを使用する上での使用はNGらしい。

ソースはこちら↓



ただ、使用できるようにルールづくりを行っているどうなので、この辺りに関して言えば、もう少しことの推移を見守る必要があるそうです。

どうでもいいけど、「太子町」ってやっぱりネーミング、やっぱり奈良っぽくないですか?w

何はともあれ、文化施設の扉が広く開かれているのはいいことだと思います!

あすかホールに関して言えば、現状、貸館予約が殺到しているらしく、借りるのは厳しいかもしれません。

ただ、記事によると第2弾も考えているそうなので、ご興味おありの方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

以前、矢井田瞳さんの関西限定CDを買ったという話をしたんですがね。


なんと、今週も別枠でCDが出まして、予約していたのが届きました。

それがこちら!

FullSizeRender




「しおのやいだ ~ ACOUSTIC LIVE AT BLUE NOTE TOKYO」なるこのCD。

言わずも知れた名門ライブハウス、ブルーノート東京でのLIVE CDとなっております。

通常のCDショップでは売っておらず、LIVE会場かファンサイトの通販でしか買えない仕様となっております。

後、自慢げですが、サインもいただきました♪

FullSizeRender

おなじみの『My Sweet Darlin'』他、新曲『夜のため息』などを含む計13曲!

普通のCDよりLIVE CDの方が私は好きなので、楽しみにしておりました。

だって、映像作品だと、かじりついて見なくちゃいけないけど、CDだと「ながら」で聴けますからね。(とか言いながら横になってガッツリ聴き入りましたけどw)

個人的にはですね、これ言っていいのか悪いのかはアレでですけど・・・

聴いた感想、矢井田さんの曲じゃない曲の方が好きですw

特に、好きなのが『秘密を守る歌』。

この曲ね、おもしろいですよw

しおのやいだ、の「しお」の部分である塩谷哲さんの作曲なんですが、秘密を教えてくださいという質問に対して・・・

「いえませ~ん♪」というのがなんともチャーミング♪

なんの曲だろうと思って調べてみたら、NHKのパペットアニメの曲なんですってね。

『コレナンデ商会』というアニメらしいのですが、私、この前の前の前?くらいにやってた『ゆうがたクインテット』が大好きでね。

ちょっと親近感がわき、今やヘビロテ中ですw(なお、クインテットのCDはベスト以外全部持ってます。)

「秘密を守れ♪、守りま~す♪」

他には、ラスト2曲もおススメ♪

言わずと知れた『My Sweet Darlin'』は、はじめのヴァイオリンからワクワクさせられます。

それに楽曲のノリも相まって、バンド版とはまた違う色が出ているように思います。

最後の『星の夜』も塩谷さんの楽曲なんですけど、こちらもいい楽曲ですね。

TOKUという方が歌われているそうなのですが、ラストにもってこいの壮大さが素敵です♪

詩も素敵なので、合わせて読んでいただきたいですね。

何はともあれ、こういう、特に今みたいなコロナ騒ぎの中でLIVEに行けない時に聴くと、励まされますね。

また、矢井田さんのLIVEに行きたくなりました。

8/15のヤイコの日にはリモートでLIVEを行うそうなので、こちらもチェックしたいと思います。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

こうボケーっと、ネットを彷徨い歩くといろんなものがありますね。

そのひとつが桐朋学園大学の話。

この大学に限らずだと思いますが、なんでも「副科」っていうのがあるらしいですね。



ちょうど歌を歌うことに関して見ていた時に発見しましてね。

ちなみに副科というのは要するに副科目の意味。

ピアノ専攻が、声楽も副科目として学ぶみたいな話です。

これ、絶対楽しいですよね。

私も一応、音楽で大学出てますけど、そういうのなかったから(いや、あったのかな?)絶対に面白いと思います。


うちの場合、一応、「芸術大学」だから、音楽内っていうより、他の芸術のことも学べ的な感じだったように思います。(ええ、もうてんで覚えてません。


私は主に美術系の科目をとってた気がします。(現代美術とか、日本美術とかそんなのをね、学びました。)

それで、こう、ボーッと見てたわけですよ、自分ならどれするかなー?とか考えながら。

まぁ、私なら・・・面白味でいくなら打楽器かな?(そもそも打楽器って幅ありすぎですよねw

それかやっぱり声楽。


そうそう、この副科ね、なんでも声楽をとる人が多いんだってね。

たぶんですけど、声楽が多い理由って、難易度とお金が絡むからなんでしょうね。


だって、ヴァイオリン とかクラリネットとか、まぁ難易度高いですよ。

鳴らすまでが大変な楽器をね、そんな副科で気軽に選んだらえらい目に合いそう。


大学って4年しかないんですよ?その間にある程度マスターするにしても難易度高いですよ。


副科で、気軽に選んでいいようなものじゃないと、私は思うのですがどうでしょう。


しいて言うなら、リコーダーならありですかね。

あと、弦楽器、管楽器って、そもそも高いじゃないですか?


例えばクラリネット、いくらくらい売ってるんだろうと思って見たことありますけど、05つくらいあったような気がします。(一番安いやつで、ですよ?


っていうか、チェンバロとか、売ってるの見たことないですよw


まぁ、買わなくても学校で演奏したらいいじゃん、と思いますが、家で練習できる楽器とできない楽器って、比較しただけでも気軽度が下がりますよ。


となるともう選択肢が実質3つしかないようなもの。


声楽、指揮、作曲


この中で、より音楽をする上で実用的で、教職するにも、何するにも応用がききそうなのって・・・


やっぱり声楽じゃん?と思うのです。

声楽をバカにするわけじゃないんですよ?、なんにでも応用できるが故にという意味です。


先生になっても指導で使えるし、そもそも音感を鍛えるには歌うことが大切だし、専攻科目が何であれ役に立つと思います。


後、自分の身体が楽器だからお金もかかりませんしね。(むしろ声楽が一番いいんじゃないかレベル。

他は・・・そうね、指揮とかも面白そうですけどね。


イメージで言いますけど、吹奏楽の指導とかで役立ちそうじゃないですか?(指揮法とってないから適当なこと言いますけど。

などなどの理由で声楽がやっぱり多いんでしょうかね。

みなさんは、何を選びますか?&何を選んでましたか?

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村


前回、りんくうタウンにアイスパークができた!という記事を書いたんですけどね。


実はそれだけじゃないんですよ!


ひとつひとつ書いていくとキリがないので、とりあえず画像を見てください!


IMG_1616

ドッグラン、温泉、ホテル!


ドッグランはともかく(うちは猫派です)温泉とホテルは気になるところ!


ちなみに温泉の方はこんな感じ。

FullSizeRender


アクアイグニス 泉州温泉なるこの施設。



また、「泉州」って大きく出ましたね。

りんくうのシークルに、りんくうの湯があるのに、つくっちゃって大丈夫?とは思ったものの・・・


まぁ、これはこれでいいのではなかろうか♪(本当は分散される方がどっちかが空くからという下心w


こっちはわりかしデカめの施設みたいですね。

入場料も700円と、スパワに比べるとまぁリーズナブル!

中も通気性がよさそうで、なにより海が見えるのはポイントですよねー。

ただ、新今宮のスパワならまだしも、立地的にも維持費が大変そうですね。


たぶん海外の観光客誘致でつくったんだろうな。


で、ですよ。

ホテル!


ホテルが気になって仕方がないんですよね。


だって「変なホテル」ですよ!


どう「変なホテル」か、もう気になって気になってw


いや、もしこれで変な要素がなかったら、もう・・・千代松さん呼んできます!(呼べません。)


というわけで、この変なホテルは、あえて見てきませんでした。

まぁ、恐らく、温泉施設の横のマンションみたいな建物がそれなんでしょうけどね。


真相は、いつか絶対泊まりに行こうと思ってるので、その時までとっておきます。

ちょっとネタバレでホームページ見てみましたけ。



受付に恐竜がおるってもう、テンション上がります。

お値段もかなりリーズナブルですよ!

これは要チェックですね!

にしても、こう、ふるさとに面白いところが増えると、出身民としては嬉しい限りです♪


海が近い、きれいなところです。皆さま、ぜひお越しください♪


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

最後にブログの応援にワンクリック、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ